指導理念・規模・イベント

★★★ 指導方針(理念)★★★

1.心の弱さに勝ち、優しさを身につけ、

   自発的に行動できるよう手助けをする

2.色んな人との関わり合いを通じ協調性

   を身につけ視野を広げる手助けをする

3.礼儀作法や団体演武の指揮官等経験を

   重ね社会で役立つ能力を育む


★★★  規模  ★★★

・門下生数播磨支部単体で90名前後。

・関西地区本部グループ全体で

   300名前後。

・錬心舘空手道(母体)全国千有余支部、

   海外24国と地域、累計35万人

   http://www.renshinkan-top.jp/


★★★  沿革  ★★★

・少林寺流 錬心舘:1955年 設立

・関西地区本部:1962年 設立

・兵庫県播磨支部:2000年 設立

(播磨町より功労賞授与:2012年)

・播磨 本部道場:2016年 設立

(33年ぶり関西連合(近畿)大会

   播磨支部 団体型試合 優勝 並びに 

   出場選手18名 全員 入賞 :2017年)

・錬心舘古武道教室 2018年 神戸校 設立

・全国大会20180729東大阪アリーナ開催

   …事務局長(熱中症対策本部、危機管理 

      対策本部も兼務)を務める

・関西連合大会20181223大阪堺市

    大浜体育館開催…大会委員長を務める


★★★ 特徴 ★★★

組手は剣道や逮捕術のような防具を着用。回転系の技が特徴。型は正流七法と呼ばれる沖縄古流型。程よい規模の空手団体の為、程よく全国や海外に知り合いができ、防具着用の為、安全性が高くサラリーマンにもおすすめ。基本・型と組手は比較的連動している。


★★★  播磨支部 指導員 ★★★

●代表 大垣恵二(五段/熊本県阿蘇郡蘇陽町(大都町)出身)

●指導員 坂野(四段)、若杉貞史、伊藤繁樹、井上泰延 、福原亮太、福永勝巳、伊藤晶子、木下英樹、山地芳宏、大藪剛、松井永遠(池田正、藤澤宏史、藤田悦孝、竹田稔、山本祐吾、大久保俊、塔向勇弥)


★★★ イベント ★★★

審査大会 年4回

播磨支部大会 年1回

近畿(関西連合)大会 年1回

全国大会 年1回

国際大会 5年毎に1回

合宿 年1回

寒稽古 年1回

ステージ発表 年2〜4回

その他 花火会・筍掘り・忘年会・

ボーリング大会・新年会 等